2012年2月26日日曜日

コンピュータの種類

コンピュータにはいくつかの種類があります。以下はその例です。

1、デスクトップPC(DESKTOP PC)
言わずと知れたデスクトップ型コンピュータです。一般家庭で使われているシステムユニット、モニター、キーボードが別々に分かれているパソコンのことです。

2、ポータブルコンピュータ(PORTABLE COMPUTER)
これには更にいくつかのタイプがあります。
①ラップトップ
ノートパソコンやネットブックを指します。
②タブレットPC
最近流行のスレートPCです。つまり、I Padなどがこれに該当します。

(作者注;おそらくスマートフォーンもポータブルコンピュータに含まれると思います。)

3、メインフレーム型コンピュータ(MAINFRAME)
ホスト型とも言われます。これは銀行などで使われている大型のネットワークシステムを構築するコンピュータシステムです。各端末にはCPUや記憶媒体装置はなく、演算処理やデータ保存はすべて主となるホストコンピュータによって行われます。銀行のATMマシーンなどは端末の一例です。

4、スーパーコンピュータ(SUPER COMPUTER)
その時代の一般的なコンピュータの性能を遥かにしのぐコンピュータをスーパーコンピュータと言います。これは大がかりな計算作業や研究などに使用されます。


次回からは“コマンドプロンプトの初歩”について述べます。